2015年12月20日

組織における『相談力』について考える(1)

banner_04.gif人気ブログランキングへ

皆さん、人生で初めて「相談」した時のことを覚えていますか?
そして、
初めて「相談」されたときの事を覚えていますか?

とはいえ、この「相談」ということの意味やとらえ方は人それぞれ違います。
分からないことを訊く「質問」も広い意味で相談かもしれません。勉強や仕事でこのような相談は、たくさんあるでしょう。

もっと自分にとって重要な問題(悩み、困りごと、不安、等)を一人では、どうしようもなく相談する。

具体的には、話を聞いて貰いアドバイスをもらいたい。
同じような場合でも、解決策よりも、その悩みや不安で心の中はいっぱいで、とにかく誰かに聞いて貰いたい。

さらには、自分の将来やこれから目指したいことへのアドバイスをもらうことも相談。

こちらは悩みではなく「目標」の達成・実現のためのやり方を知りたい。その前に、そもそもどんな「目標」を目指したらいいのか?の答えを知りたい。

このように、「相談」と言っても本当に様々なものがあります。


私自身の仕事「マネジメントを中心とした企業研修トレーナー」、主なテーマは、『コミュニケーション』『現実の問題解決』『組織マネジメント(組織の情報共有化、活性化)』、手法としては、【コーチング】【アクションラーニング】【ソリューションフォーカス】【真・報連相】等。

私の仕事における「相談」及び「相談力」とは、組織(企業、公的機関、病院、学校等)の管理者やメンバーが行う、職場の問題解決や個人の仕事の相談をより役立つものにするための考え方と進め方、のこと。

私が活用している研修手法の一つ「真・報連相」では、
相談を「一人で困ったら他者からアドアイスをもらうことから始まって、二人以上でより良い問題解決をする=『相乗効果(シナジー)』」と意味づけています。

そのために「相談力」のレベルをつくって、実際にその段階でステップアップするためのテキスト・教材を作成してセミナーや社内勉強会をできるようにしていきます。

単なるお勉強で終わらせないために、「相談力」社内検定(個別企業版及び一般)等の仕組みをつくり、組織をあげて「相談力」向上の取り組むためのアプローチとなります。

社内で組織的に「相談力」をアップする効用としては、

1.上司と部下が相談ができることで、新人・若手社員の定着率
  向上と早期の戦力化に成果を上げる。
2.適切な仕事の相談により、仕事での業績(営業であれば売り
  上げ目標や業績)向上が促進される。
3.職場内の相談で、相互の経験・ノウハウの共有化が進み、
  チームとして力が発揮できるようになる。
4.他部署との相互の相談ができ、連携が進み、組織全体の相
  乗効果が発揮される。
5.顧客を含めた社外の専門家や組織との相談ができて、組織
  を超えた力を活用大きな成果を創出できる。

等が考えられます。

逆に言えば、このような効果が出せるのが「相談力」向上システムです。

組織の管理者・メンバーひとり一人の「相談力」向上と組織全体としての「相談力」をあげて、「相談」により解決が進み、そのプロセスを通して相互の信頼関係ができるようになる。

人材・組織マネジメントの土台となる「相談力」向上システムの開発を進めていきますヽ(^。^)ノ



banner_04.gif←読んで関心持ったらクリックしてね→人気ブログランキングへ

posted by じんさん at 21:52| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳力開発・真報連相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

新聞連載小説のおススメ

banner_04.gif人気ブログランキングへ

みなさん(新聞を月ぎめでとっている、又は毎日買って読んでいる方)は、新聞の連載小説を読んでいますか?

私は、昨年(平成26年7月)から初めて読んでいます(今は、3つの小説を読み続けています)。
たまたま、会社でとっている日経新聞の連載小説が終って新たに始まったのに気づいて(数回連載後でしたが)、数日前の新聞んで最初から酔い始めました。

小説は、久間十義氏の「禁断のスカルぺル」(平成26年7月10日〜平成27年5月31日、319回連載)。

最初は、❝禁断❞とあるので、渡辺淳一のような男女や家庭のストーリーかと思っていた。話が進むと、まったく違ってきて、若き女医の不倫から話は始まったが、その章が終るとその後は、「病気腎臓移植」から始まり医療がテーマの主流となり、その分野の権威や保健省(厚労省のこと)と天才的な病気腎臓移植チーム(主人公は、そこでスペシャリストとなる)との闘いなど。そして、東日本大震災も絡んで・・・。
おっと、この小説の話ではないので、戻って。どっちにしても結構毎日面白く読んでいた。

それから、日経では次に宮部みゆき氏の「迷いの旅籠」(平成27年6月1日からスタート。現在連載中)。


この小説、舞台は江戸時代、神田にある袋物屋の三島屋。主人公のおちかは一度に一人の語り手を客間に招き入れ、不思議な話や恐ろしい話を聞き出す。その怪異譚の物語が続くという構成。

最初の語り手は、幼い少女が領地の当主へ、村であった不思議な事件を伝える前の練習として話し始める。第二話は繁盛しているのに半年はお店を閉じる弁当屋の主人の話。
ちょうどこの第二話が昨日(平成27年12月19日)終わり、今日から第三話。是非読み始めてみてはいかがでしょうか。

私自身は、久間十義氏も宮部みゆき氏も名前は知っていたが、小説を読んだことはなかった。

話は変わって、家で(ウチの奥さんの実家の方で)とっているのが北海道新聞。

こちらは、現在朝刊では、佐々木譲氏の「沈黙法廷」(平成27年4月26日〜、東京新聞、中日新聞、西日本新聞でも同時連載)。女性が容疑者とみられている連続殺人と交差する主人公のストーリーのようだ。これも連載が変わることろから読み始める。

そして、道新の夕刊の小説、吉田修一氏の「ウォーターゲーム」12月2日より連載スタートして間もなくと言うところ。まだ、話の筋もよく分からない。連載開始時の道新のお知らせによると、産業スパイの水資源をめぐる暗闘・・・とか。作者の名前も初めて聞きましたが、芥川賞作家でした。

私が、新聞連載小説をおススメする3つの理由は、
1.連続ドラマ同様これからどうなるのか、という楽しみ
2.せっかくとっている新聞、同じ購読料で、連載小説でさらに価値アップ
3.新聞を毎日読む習慣ができる(これは、皆さん既にお持ちでしょうが)

以上でしたヽ(^。^)ノ


banner_04.gif←読んで関心持ったらクリックしてね→人気ブログランキングへ
posted by じんさん at 18:26| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今・ここ・私 から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月10日

「地形」から見た日本史の謎解きが面白い!!

banner_04.gif人気ブログランキングへ

11月13日(金)の東北大同窓会講演会、演題『地形から見る日本文明の誕生と発展』、講師竹村公太郎氏のお話しは非常に面白く、壮大な知的エンターテイメントだった。今回1時間の講演でしたが2時間でも、3時間でも聴きたい内容でした(^O^)。〔11月14日fbに記載〕

その竹村公太郎氏の著書『日本史の謎は「地形」で解ける」。少し日は立ちましたが、読み進んでいます。

中でも面白かったのは、第6章「赤穂浪士の討ち入りはなぜ成功したか」、第7章「なぜ徳川幕府は吉良家を抹殺したか」、第8章「四十七士は、なぜ泉岳寺に埋葬されたか」の赤穂浪士シリーズ。
非常にエクサイティングなストーリーだ。徳川家と吉良家の対立や「赤穂浪士」を日本中に知らしめた策謀など、まさに歴史の裏にあるドラマを感じさせる。

吉原遊郭の移転が、江戸の治水の物語というのも極めて興味深い考察。

100年前、200年前は今と地形や地質が違うのは当たり前だが、その事実やデータからの考察は、文献からや人間関係だけのドラマとは全く違う視点からの世界を描き出す。

そして、ブラタモリ以上だ(^o^)/



banner_04.gif←読んで関心持ったらクリックしてね→人気ブログランキングへ


posted by じんさん at 20:26| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦め本・書評など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_04.gif←読んで面白かったらクリックしてね→人気ブログランキングへ