2023年02月28日

No292:『「スケーリング」を活用しよう』

banner_04.gif人気ブログランキングへ


===============================
今日のテーマ: 『「スケーリング」を活用しよう』
===============================

今日のテーマは『「スケーリング」を活用しよう』です。

「スケーリング」って何だと思いますか?
ネットで検索すると最初には「歯科で、歯石をスケーラーという器具で除去すること」と出てきますが、もちろんそんな意味のお話ではございません。

私が実施した課題解決研修、コーチング研修を受けた方で「解決志向(ソリューションフォーカス)」のセッションがあった方はご存知だと思います。

「スケーリング」とは、一言で言うと『解決を前進させるためのモノサシ』のことです。
他には『できること(能力)をもっと伸ばすためのモノサシ』とも言えます。

問題が完全に解決した状態(解決ゴールに達成した時)を10点として、現状は何点だと感じられるかを評価することです。

能力向上であれば、高めたいスキル項目が完璧にできている状態を10点として現状を点数付けすることです。

解決の取組の場合は、次のような質問をします。

「問題が完全に解決した状態を10として、最低だったスタート時を1だとしたら、現状は何点だと感じられますか?」と本人に聞きます(自分の問題であれば自問自答して点数を付けます)。
図示すると以下の様なイメージです。
IMG_20170923_183043.jpg
今6点!(6点分まで、スケールを塗りつぶす)


現状の点数をきいたら、さらに次の3つの質問をします。
質問➀:10点満点の姿(解決・達成した状態)は?⇒具体的な状態を答えて貰います。
質問➁:現状は6点として、その点数分の中身は(できている点、進んでいる点、等を聴く)
質問➂:1点前進して7点にするためにできる事は何(具体的な行動)?

◆スケーリングを有効活用するポイント
➀スケーリングは、「本人にとって」の主観的なモノサシで、点数は何点でも構わない。
➁何があるからその点数なのか、プラス面を聞く(点数=リソース)。
➂何点だと答えても、そこから1点前進するためのスタート地点 (1点アップの行動=スモールステップ)

これを使うことで、本人が解決したいことのコーチング、部下後輩の能力向上を図る育成支援に活用できます。

是非問題解決の相談を受けたり、部下指導したりする必要があれば、「スケーリング」と「スケーリングクエスチョン(質問)」を活用してみてください。

皆さまの『【スケーリング】を活用しよう』で、やってみた結果で少しでも前進したこと、気づいたこと、感じたことを是非教えて下さいね。
過去に実践したケースでも大歓迎です。
ご返信(いい仕事のヒント実践での学びの分かち合いをお待ちしております!

それでは、また次回。


今回の記事へのご感想、ご意見、ご質問は、こちら迄:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい。
メールご返信をお待ちしております(^o^)丿


読まれたら、こちらのクリックもお願い致します(^o^)丿

banner_04.gif人気ブログランキングへ




【最後に著書のお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、2018年4月に発売され、お陰様で翌2019年1月末に増刷、2020年1月に第三刷、2021年2月に第四刷、そして2023年2月に第五刷となりました。アマゾン、楽天ブックス他のネット書店で販売しております。

購入前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。

【アマゾン】上記の表紙をクリックしてください。
【楽天ブックス】リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル - カウンセリング、ティーチング、コーチング、報連相の活かし方


posted by じんさん at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いい仕事、いい組織づくり ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月22日

No291:『いい仕事を山登りに例えると』

banner_04.gif人気ブログランキングへ


===============================
今日のテーマ:
『いい仕事を山登りに例えると』

===============================

最近は研修の準備と同時に、人事組織コンサル(人事評価制度や育成の仕組みづくり)の仕事に時間をかけています。

組織としていい仕事とは何かを明確にして、組織メンバー全員に共有化し、各階層での必要な能力を明示して、自らで評価・向上が図れる仕組みであり、マネジメント層においては指導育成する仕組みでもあります。

その中で「成長目標シート」という仕組みを1年以上前からサポートしています(まだ途半ば)。

いい仕事の基本としては、PDCAサイクルや情報の共有化等ありますが、一番の土台としては「目的」が明確に分かって取り組んでいる仕事。

どうするかの「手段」だけ考えている仕事は、任された作業をするだけ、片付けることができても本当に仕事を通して成し遂げる「いい仕事」とは言えません。

その基本は仕事の「目的」「目標」「手段」を区分けし、かつその3つがリンクしていることです。

『■仕事の「目的」「目標」「手段」(図解)』は、先に述べた「成長目標シート」の構築サポートで作成した資料の一部です。
(資料名をクリックするとダウンロードできます)

ご覧いただくと、いい仕事(目的と目標を持って取り組み成果を上げる仕事)を山登りに例えた図で表現した資料です。

目的と目標が明確にしていないと、山のふもとでただ歩き回るだけ(手段レベルの作業の仕事)で終わってしまいますよ、というお話です。

この前後に説明の頁があるのですが、この頁だけでも、「目的」「目標」「手段」のつながりが分かると思います。

「目的」を明確にして、具体的な「目標」を決めて、その達成のための「手段」を考える。
ということの説明に、よろしければ是非ご活用下さい。出典「インタフェース メルマガ」と明記いただければ、事前許可なく可能です。

全くの個人利用での使用以外で、職場内で活用した、会議で説明した等は是非後からでも結構ですご報告いただければ嬉しいです。


■仕事の「目的」「目標」「手段」(図解).docx


今回の記事の質問への回答、感想、ご意見は、こちら迄:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい。
メールご返答お待ちしております(^o^)丿


読まれたら、こちらをクリックお願いします
(^o^)丿

banner_04.gif人気ブログランキングへ




【最後に著書のお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、2018年4月に発売され、お陰様で翌2019年1月末に増刷、2020年1月に第三刷、2021年2月に第四刷、そして2023年2月に第五刷となりました。アマゾン、楽天ブックス他のネット書店で販売しております。

購入前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。

【アマゾン】上記の表紙をクリックしてください。
【楽天ブックス】リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル - カウンセリング、ティーチング、コーチング、報連相の活かし方

posted by じんさん at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いい仕事、いい組織づくり ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月13日

No290:『今年のスモールステップ決めていますか?』

banner_04.gif人気ブログランキングへ


===============================
今日のテーマ:
『今年のスモールステップ決めていますか?』

===============================

いつも研修の中で、そして最後に言っている「スモールステップ」、今皆さんは、いい仕事をするため、又はご自身の学習・成長するための「スモールステップ」を決めていますか?そして日々実践していますか?

このメルマガを読むだけでは、インプット学習(情報収集する)だけで終わってしまいます。これまでのメルマガのいい仕事のヒント、特に今年になってからの中で何か一つ日々実施する「スモールステップ」を決められましたか(アウトプット学習です)。

スモールステップには少なくとも5つのポイントがあります。
名前の通り、小一歩ですから「すぐできる小さなこと」、これが一つ目のポイントです。

そして「簡単なこと」、「今までと違うこと(これまでやっていないこと)」、「うまくいきそうなこと」、「複数の選択肢(オプション)を上げて、そこから選んだこと」等です。

先々週は何かメルマガ読者の皆さまに何か一つ「スモールステップ」のヒントをと思い、あえて「マイクロステップ」と銘打って、またそのような内容でお伝えしました。

決められたら、できればその「スモールステップ」を教えていただければ嬉しいです。


さて、ここでその先々週のメルガマNo285:『挨拶をちょっと変えてみよう』への返信(感想)メールを一つご紹介します。

「挨拶」って簡単なようで大変難しいです。

3年前に管理職になってから、少し早めに席に着き、みんなが出勤してくるのを出迎えるように顔をしっかり見て少し大きな声で挨拶をしています。

ただ、挨拶に対する相手の返答は大変小さい。さすがに挨拶を返してこない職員はいないのですが、聞こえるかどうかくらいの小さな声の職員が大半。
これは1年通してやっても変わりませんでした。

全体会議などで「挨拶くらいはしっかりしよう!」と言いたいと思ったこともありましたが、いい歳をした職員に今さらちゃんと挨拶をするようにと伝えるのもどうかと思いしていません。

自分の挨拶への反応が悪いとやっぱりこちらの気持ちも下がりますし、続けることも辛くなってきます。
それでもあきらめずに何とか3年やっていますが、ボリュームアップや一声かけとなると結構ハードルが高いなぁと感じました。

みんなが自ら大きな声で挨拶をする、返すための方法ってあるでしょうかね。
もう少し今回のメルマガを参考に「ちょっと変えた挨拶」を頑張ってみたいと思います

いつもメルマガを真摯に読んで、時折感想をいただくFさんからの感想メールでした。


実はこの『挨拶をちょっと変えてみよう』にもう一つ感想メールがありました。

それはこちら『いやいや・・・大変参考になりました。ちょっとやってみます。』
(何をされるのは全く分かりませんが、感想メールもマイクロステップ的、必ずや何かちょっとされたかと思います。)

それでは、また次回。



今回の記事の質問への回答、感想、ご意見は、こちら迄:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい。
メールご返答お待ちしております(^o^)丿


読まれたら、こちらをクリックお願いします
(^o^)丿

banner_04.gif人気ブログランキングへ




今回の記事の質問への回答、感想、ご意見は、こちら迄:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい。
メールご返答お待ちしております(^o^)丿


読まれたら、こちらをクリックお願いします
(^o^)丿

banner_04.gif人気ブログランキングへ




【最後に著書のお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、2018年4月に発売され、お陰様で翌2019年1月末に増刷、2020年1月に第三刷、2021年2月に第四刷、そして2023年2月に第五刷となりました。アマゾン、楽天ブックス他のネット書店で販売しております。

購入前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。

【アマゾン】上記の表紙をクリックしてください。
【楽天ブックス】リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル - カウンセリング、ティーチング、コーチング、報連相の活かし方

posted by じんさん at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いい仕事、いい組織づくり ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月06日

No289:『いい仕事のMYテキストで学ぼう』

banner_04.gif人気ブログランキングへ


===============================
今日のテーマ:
『いい仕事のMYテキストで学ぼう』

===============================

先週は、毎日配信のいい仕事の「マイクロステップ」シリーズでした。
今週からは原則週1回ペースに戻りますが、時に週半ばでももう1回配信するかもしれません。

今日のテーマは『いい仕事のMYテキストで学ぼう』です。
皆さんはいい仕事をするために学ぶMyテキストをお持ちですか?

これはもちろん本でも実際に受けた研修テキストでも何でも結構です。
どんなテーマでも結構です。

この本の中身はものにしよう【学び、考え方の基本としたい、活かせるスキルとして身につけたい】
と思えるものなら何でもいいでしょう。

このMyテキストの意味目的は、そのテキストを徹底的に学びつくすことです。
具体的な進め方です(参考まで)。

1) 私のMyテキストを決める(選ぶ)
2) その本を読み尽くす(その方法は後述します)。
3) その本から得たヒントを実践する(スモールステップを決めて、実践・継続する)
4) その実践を振り返り、発信する
5) その実践と活用の成果を人に話す(体験として伝える、提案する)


2)の読み尽くす方法は、
@毎日時間を決めて(5分でも7分でも、あるいは1項目ずつでも)少しずつ読む。
A完了したら、また最初から繰り返す、又は2冊名のテキストへ行く(但し、一定期間後また再読する)。
B1年間で1冊を暗記する位迄読み尽くすでもいいし、3冊程度を順番に読み返してもよい。
 最低3回は読む。



私は毎朝起床後、すぐに5分(休日は7分)、これまでの本の中からMyバイブルともいえる本を1冊ずつ読み続けています。

昨年10月頃から始めて、現在2冊目を読了しました。
1冊目はD.カーネギーの「人を動かす」(創元社文庫版)、2冊目は同じくD.カーネギーの「話し方入門」

前者は、最初の会社で2年目についた上司に勧められ、その後数回読んで、また久しぶりに読み返しました。
以前とはまた、様々な自己の経験や日頃研修でお伝えしていることと重ね合わせて納得感もあり、理解もさらに深まりました。

後者は初めて読みました。
言っていることは私も大事だと思っていることと重なることが多くありましたが、事例がアメリカでしかも約80年前に出版された本なので、事例が少しピンときませんでした。

テキスト・バイブルのお薦め書について話すとかなり長くなりますので、次回以降のテーマと致します。


ご返信(いい仕事のMyテキストとその活用法について)をお待ちしております!

それでは、また次回。



今回の記事の質問への回答、感想、ご意見は、こちら迄:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい。
メールご返答お待ちしております(^o^)丿


読まれたら、こちらをクリックお願いします
(^o^)丿

banner_04.gif人気ブログランキングへ




【最後に著書のお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、2018年4月に発売され、お陰様で翌2019年1月末に増刷、2020年1月に第三刷、2021年2月に第四刷、そして2023年2月に第五刷となりました。アマゾン、楽天ブックス他のネット書店で販売しております。

購入前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。

【アマゾン】上記の表紙をクリックしてください。
【楽天ブックス】リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル - カウンセリング、ティーチング、コーチング、報連相の活かし方

posted by じんさん at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いい仕事、いい組織づくり ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月03日

No288: 『「OKメッセージ」を口ぐせにしよう』

banner_04.gif人気ブログランキングへ


===============================
今日のテーマ:
『「OKメッセージ」を口ぐせにしよう』

===============================

今週は、毎日配信のいい仕事の「マイクロステップ(微小一歩)」シリーズ。

今日のテーマは『「OKメッセージ」を口ぐせしよう』です。

今回のマイクロステップは、私の研修で、コミュニケーションのテーマ、コーチングの研修、マネジメント研修でグループでの課題解決実習のプログラムに参加された方はほとんど聞いたことがあると思います。

OKメッセージとは、『相手が、肯定されている、尊重されている、と感じるような言動、態度を示すこと』です。

具体的には、相手に関心を向けてよく聞くこと、笑顔で話しかけること、相手をほめる言葉、ねぎらいの言葉、相手を意識した明るいあいさつ、あいづち、感謝(ありがとうの言葉)、等。

この言葉は、私がソリューションフォーカス(解決志向)のセミナーで、青木安輝さんから学んだことばです。
SFコミュニケーションとは何か?【OKメッセージ)

OKメッセージの具体例
「すぐやってくれてありがとう。いつも助かるよ」
「言ってくれてありがとう/話してくれてありがとう」
「やっぱり、なんでも早く○○さんに相談しておくといいね」
「そのアイデアいいね。どうしたらそんな考えが出てくるようになるのかな」



OKメッセージでは「言葉(言語)」で伝えるだけではなく、笑顔、グッジョブサイン(親指グー、両腕で○)等の「非言語メッセージ」もOKです。

そしてOKメッセージに特別な決まり文句はありません。
「ありがとう」「助かるよ」の言葉でも、相手がやってくれたことについて自分が本当にそう思っていたり、相手自身が意識して、頑張ったなと思っていた時にはヒットします。

今週火曜日No285の「ちょっと挨拶を変えよう」の声掛けでOKメッセージ、
水曜日のNo286の「ちょっとした時の周囲の人の観察」したことを口に出せばOKメッセージ、
そして昨日No287の「美点凝視」(相手のいい点を見つける)ができれば、そして言いたくなれば素直に感じたことを伝えるとOKメッセージとなります。

今週のNo285から、今日のNo288迄のマイクロステップを実行すると、職場での人間関係が良くなる(今が良くてももっと良くなる)、相手のさらに話ができる(話が伝わり、話が聞ける)ようになってきます


皆さまの『「Oメッセージ」を口ぐせにしよう』で、まず一歩(一つ)やってみて気づいたこと、感じたことを是非教えて下さい。

ご返信(いい仕事のヒント実践での学び共有)をお待ちしております!

それでは、また来週。



今回の記事の質問への回答、感想、ご意見は、こちら迄:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい。
メールご返答お待ちしております(^o^)丿


読まれたら、こちらをクリックお願いします
(^o^)丿

banner_04.gif人気ブログランキングへ




今回の記事の質問への回答、感想、ご意見は、こちら迄:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい。
メールご返答お待ちしております(^o^)丿


読まれたら、こちらをクリックお願いします
(^o^)丿

banner_04.gif人気ブログランキングへ




【最後に著書のお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書
リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)、2018年4月に発売され、お陰様で翌2019年1月末に増刷、2020年1月に第三刷、2021年2月に第四刷、そして2023年2月に第五刷となりました。アマゾン、楽天ブックス他のネット書店で販売しております。

購入前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。

【アマゾン】上記の表紙をクリックしてください。
【楽天ブックス】リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル - カウンセリング、ティーチング、コーチング、報連相の活かし方

posted by じんさん at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いい仕事、いい組織づくり ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_04.gif←読んで面白かったらクリックしてね→人気ブログランキングへ