2023年07月21日

No312:『【両面(対比)思考】実践ワーク』

banner_04.gif人気ブログランキングへ


===============================
今日のテーマ:『【両面(対比)思考】実践ワーク』
===============================

今日のテーマは『【両面(対比)思考】実践ワーク』です。

これまで【両面思考】について3回にわたってお伝えしました。

この両面思考は文章にすると以下の通りです。
「常に、物事(出来事、事象)・人についてその表面を考え、どちらが主流かも考える習慣をつくろう」

ということで思考習慣にするためには、この文章を読んでいるだけでは、習得できませんし、まして習慣にはなりません。

ということで、今回は、その実践のお勧めです。


そのために今回のメルマガでは、研修につかうT字型シート【両面思考】.docをプレゼントしました(シート名をクリックするとダウンロードできます)。

できましたら、3つのテーマ(対象)について、「T字型シート」に記入して実践にトライしてみてください。

1つ目は「人」について、例えば「自分自身(私)」、職場での働く上司・同僚・部下、その他、総計する人・師と仰ぐ人、家族・パートナー、友人・知人。

「両面(対比するセット)」は、『長所・短所』、『強み・弱み』、『いいと思う点・問題と思う点』等。その他も考えてみてください。

2つ目は、関心のある物事、出来事等。例えば、自分の働く会社・団体・組織、今の職場、住んでいる市町村、好きな地域、出身地、等です。

「両面(対比するセット)」は、『魅力ある点・欠けている点』、『いい点・悪い点』、『好きなところ・嫌いなところ』等、これも他のセットも考えてみてください。

3つ目は、無形物つまり、考え方や企画提案、アイデア、趣味、特技等

「両面(対比するセット)」は、『メリット・デメリット』、『優点・欠点』、『変化している点・変わらない点』等。こちらについても他のセットも考えてみてください。


またこのシートを使わなくても「両面思考(対比思考)」で、考えや物事が進んだ事例、またこれまでブログでの『両面(対比)の項目セット』以外で、こんな両面の捉え方もあると思いついたことなど、何でも、気づいたこと考えたことを是非メールでご返答ください。


来週一杯(それ以降も)お待ちしております。

それでは、また次回。



今回の記事へのご感想、ご意見、ご質問は、こちら迄:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい。
メールご返信をお待ちしております(^o^)丿


職場コミュニケーション61のスキル_.jpg
【著書のお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)2018年4月に発売され、お陰様で翌2019年1月末に増刷、2020年1月に第三刷、2021年2月に第四刷、そして2023年2月に第五刷となりました。アマゾン他のネット書店、セルバ出版ネット直販〔送料無料〕で販売しております。

購入前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。

【アマゾン】上記の表紙をクリックしてください。
【楽天ブックス】リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル - カウンセリング、ティーチング、コーチング、報連相の活かし方


読まれたら、こちらのクリックもお願い致します(^o^)丿

banner_04.gif人気ブログランキングへ



posted by じんさん at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いい仕事、いい組織づくり ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月20日

No311:『何でも対にして考えよう【対比思考】』

banner_04.gif人気ブログランキングへ


===============================
今日のテーマ:
『何でも対(つい)にして考えよう【対比思考】』

===============================

今日のテーマは
『何でも対(つい)にして考えよう【対比思考】』
です。

これまで【両面思考】の二つの考え方をお伝えしました。
一つは、物事の表と裏の両面で考えること、ある面とその反対の面とをセットで考えようということ。

二つは、自分の見ていること(知っていること等)とまだ見ていないこと(知らないこと等)という自分自身の物事の認識や把握の両面性で考えること。

さらにもう一つ、一つ目のお互いが反対という性質に当たるものではないけれど、二つのことを組み合わせて考えること、いいかえると対比思考(対にして比べて考えること)です。

男性と女性というのも反対というものではなく、一つの対です。
去年と今年の比較も反対ではなく、比較です。
物事、出来事の共通点と相違点も対比思考といえます。
目的と手段の2つもセットで考えるべきことです。

ここまで、両面思考(物事、出来事、人、情報等を二つの面をセットで考える)について、3回のメルマガでお伝えしてきました。

素敵な商品を目にして、いいなと思ってすぐ買い求める、人と出会っていい人だなと思ったらすぐ信用する、新聞の見出しだけをみてすぐそうだったのかと納得してしまう、というような一面(片面)思考をストップさせましょう。

常に両面思考(反対の面、見えたこと見えていないこと、二つのことをセットで考えること)を習慣化していきましょう。

本日のブログを読んで「なるほどと思ったこと」と「そうだと思えないこと」、「既にやっていたこと」と「まだやっていないこと」、「知っていたこと」と「知らなかったこと」を考えて(書き出して)みてください。

これが両面思考の実践方法です。


それでは、また次回。



今回の記事へのご感想、ご意見、ご質問は、こちら迄:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい。
メールご返信をお待ちしております(^o^)丿


職場コミュニケーション61のスキル_.jpg
【著書のお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)2018年4月に発売され、お陰様で翌2019年1月末に増刷、2020年1月に第三刷、2021年2月に第四刷、そして2023年2月に第五刷となりました。アマゾン他のネット書店、セルバ出版ネット直販〔送料無料〕で販売しております。

購入前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。

【アマゾン】上記の表紙をクリックしてください。
【楽天ブックス】リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル - カウンセリング、ティーチング、コーチング、報連相の活かし方


読まれたら、こちらのクリックもお願い致します(^o^)丿

banner_04.gif人気ブログランキングへ



posted by じんさん at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いい仕事、いい組織づくり ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年07月09日

No310:『見えていること、見えていないこと等【両面思考】』

banner_04.gif人気ブログランキングへ


===============================
今日のテーマ:『見えていること、見えていないこと等【両面思考】』
===============================

「1,2,3(いち、に、さん)で考え、行動しよう」シリーズ6回目・2つで考える、今日のテーマは『見えていること、見えていないこと等【両面思考】』です。

前回お伝えした【両面思考】は、物事の表と裏の両面で考えること、常にある面とその反対の面とをセットで考えようということです。

具体的には、人の「長所」をみたら、「短所」も考える。逆に「短所」が目についたら、「長所」を探す。他に「強み:弱み」「できていること:できていないこと」「向上している点:向上していない点」等々。

事柄や意見については「メリット:デメリット」、「プラス面、マイナス面」、「前進したこと:進んでいないこと(又は後退したこと)」等々。

以上のように【両面思考】は、ある一面をみたら(聞いたら、考えたら)その反面をみる(探す、考える)ことです。


その他の視点では、今回お伝えする「見えていること見えていないこと」

同じように、「言っていることと言っていないこと」、「聞けたことと聞けなかったこと」、「書いてあること書いていないこと」、「分かったことと分からなかったこと」等があります。

以上挙げたことは、主に人とのコミュニケーション(受信、発信、認識・理解)に関することです。


私たちは、通常は見えていること、聞いたこと、読んだこと、分かったことで認識して、理解し、判断します。

しかし、自分が集めた情報(見た、聞いた、読んだ)そして分かったこと以外の面もあるのです。

場合によってはそこまで(集めていない情報、分かっていないことの面まで)深く掘り下げないと本質や真実にはたどり着けないこともあるかもしれないのです。

ということまでも【両面思考】という認識・思考の仕方には含まれているのです。

今回述べた「見えていることと見えていないこと等【両面思考】」の具体例や具体的な行動については次回以降さらに考えてきたいと思います。


今回もご自身を振り返って、必要だな、なるほどそうだなと思われたら、この【両面思考】をできる範囲で具体的に実行してみてください。



それでは、また次回。



今回の記事へのご感想、ご意見、ご質問は、こちら迄:info*interface-h.co.jp 
*を@にして送信下さい。
メールご返信をお待ちしております(^o^)丿


職場コミュニケーション61のスキル_.jpg
【著書のお知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)2018年4月に発売され、お陰様で翌2019年1月末に増刷、2020年1月に第三刷、2021年2月に第四刷、そして2023年2月に第五刷となりました。アマゾン他のネット書店、セルバ出版ネット直販〔送料無料〕で販売しております。

購入前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのコミュニケーションのヒントを手にしていただければ嬉しいです。

【アマゾン】上記の表紙をクリックしてください。
【楽天ブックス】リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル - カウンセリング、ティーチング、コーチング、報連相の活かし方


読まれたら、こちらのクリックもお願い致します(^o^)丿

banner_04.gif人気ブログランキングへ



posted by じんさん at 15:58| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いい仕事、いい組織づくり ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_04.gif←読んで面白かったらクリックしてね→人気ブログランキングへ