2008年09月15日

経産省・国土交通省や文科省の民間活用のプロジェクトについて

本ブログ8月18日の「経産省認定チャレンジプロデューサーって知ってますか?」で紹介した島田昌幸さんに9月26日のABネット例会でお話いただきます。

8月18日の記事を読まれて関心を持たれた札幌市内近郊の方で、26日ご都合よろしい方は是非ご参加下さい。(初めての方も歓迎です)
詳細案内や問合せ・申込はこちら

この島田さんのチャレンジプロデューサー(正確には「チャレンジコミュニティ創成プロジェクトモデル事業」というらしい)は経産省のプロジェクト。また島田さんもう一つの肩書き「観光地域プロデューサー」は国土交通省の「『観光地域プロデューサー』モデル事業」というもの。こちらは事業の応募主体は市町村でそのモデル事業ごとにプロデューサーが選任される。

このような話を聞いて、一昨年夏少しお手伝いをした元杉並区立和田中学校校長の藤原和博さんの「よのなか科」を教える先生を養成する全国研修会も確か文科省の助成だったか、プロジェクト的な事業だったと思い出した。

調べてみると文科省の「新教育システム開発プログラム」委託事業の一環であった。(ご関心のある方は下記をご参照下さい。)
全国〔よのなか科〕ネットワーク

教育に関連しては、平成17年度から3ヵ年にわたって経済産業省が実施した「地域自律・民間活用型キャリア教育事業」というのがあったのも知った。
(その事業の一つで身近にあったのが、「Sapporo夢探究プロジェクト」

このように各省庁の民間への委託また活用事業は個々においては成果を上げていると思う。しかし、もっともっと関係者以外へも広く広報していくことが必要(これはマスコミ〜新聞、TVが行政の積極的な事業活動を報道することも含め)と思う。

さらには、この個別プロジェクトの成果が単にそれだけで終わるのではなく、共有化され、継続的に展開されていくことが必要だとも考えます。
この件についての参照ブログ
木原ブログ

banner_04.gif←読んで関心もったらクリックしてね→人気ブログランキングへ


posted by じんさん at 11:52| ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | ご縁(師と友) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

国土交通省
Excerpt: 経産省・国土交通省や文科省の民間活用のプロジェクトについて 国土交通省の公用車管理業務---入札参加者7倍増、新規参入7社が落札(レス…国が単品スライド条項運用を拡充国交省、公共工事費上乗せ対象を拡..
Weblog: モンスターハンターポータブル2ndg 攻略 ワザップ
Tracked: 2008-09-16 14:34

国土交通省 ホームページ
Excerpt: 国土交通省 200件以上の土地を強制買収国土交通省と東日本高速道路 <何をした(する)?> ・東京外環道の千葉県未開通部分(松戸市〜市川市間約11キロ)の 用地買収で土地収用法に基づく事業認定を申請..
Weblog: Neo Actor 雑誌 値段 サンティーズ ピュア ネオアクター
Tracked: 2008-09-16 20:07
banner_04.gif←読んで面白かったらクリックしてね→人気ブログランキングへ