2009年04月24日

名刺から広がる人脈展開〜名刺データベースの優れもの

 友人のヘッドハンティング会社リージョンズ高岡社長の紹介で、「名刺を資産に変えるサービス展示説明会」に参加してきた。
 〔三三株式会社「リンクナレッジ」というAPSサービス〕
 
 高岡さんからの紹介では、以下のような手間が一切なくなる、という。
・昨日お会いした方の名刺をオフィスに忘れ会社に電話をして探してもらい連絡先をメモして電話をする手間
・増えた名刺を季節ごとにアイウエオ順に並べ名刺フォルダーに入れる手間
・暑中見舞いと年賀状の時期には名刺をデータ化してハガキに印刷して宛名に間違いがないかチェックし投函する手間

 そして、サービスの内容は特徴は、下記の通り。
●サービスフロー
@自分の名前をタッチパネルで触れ
A名刺を30枚スキャナーで読み込める
Bそうすると翌日には読み込んだ名刺のデータベースが自分専用のデータベース画面に用意される
C携帯でデータを見れて直接電話もメールもできる(PCは勿論)

●特徴
@データを複数の人が打ちこむのでミスがない
A自分専用画面に名刺社名に関連したニュースや人事情報が流れてくる
B同じ社内でダブって会っている人が即座にわかる樹形図ができる

 実際に読み取り操作やデータベース化された内容をWEBで活用するのを見て、名刺データの整理、管理活用のシステムとしてはかなりの優れものと理解した。


 
 私自身の名刺管理は、ローロデックスという回転式の名刺フォルダーが基本というアナログ派。会社用と個人用の2つが机の上にある。
 左の写真はスリーブ300枚(裏表に名刺が入るので、名刺は600枚整理できる)のもの、他に200枚用もある。
 このローロデックスを一度使うと、普通の名刺フォルダー類(ボックス型やファイル型)は使えなくなる。

 名刺管理をしている人には基本だが、私は名刺交換した日付と場所(出会った機会)、紹介者などを必ずメモしている。
 後は、メーリングリストへEメールアドレスをこまめに転記している。

 話は戻って、〔三三株式会社「リンクナレッジ」に関心を持った方は、
北海道の方は、リーションズ株式会社(札幌)の高岡社長へ
道外の方は、直接三三株式会社へ、お問合せ下さい。


banner_04.gif←読んで関心持ったらクリックしてね→人気ブログランキングへ


posted by じんさん at 20:12| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ベンチャー・起業・企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif←読んで面白かったらクリックしてね→人気ブログランキングへ