2015年01月07日

お正月休みの課題〜会議の本10冊読破

banner_04.gif人気ブログランキングへ


今年の研修企画のメインテーマの一つが「会議(ミーティング・打合せ)研修」の企画です。

もう6年も前になりますが、「3つの会議セミナー」のテーマで、『質問会議(アクションラーニング)』、
『解決会議(ソリューションフォーカス)』、『見える会議』の3つの会議(問題解決ミーティング)を体験的に学ぶセミナーを開催しました。

今回は、この「3つの会議セミナー」ベースの一つとしながら、以下の3つのコンセプトで取り組みます。

(1)問題解決研修で効果を上げている「問題解決ミーティング」手法を職場で活用できるようにする。

(2)実際に職場で行われている「会議(ミーティング・打合せ)」の問題の本質を掴んで改善向上を図る。

(3)会議に関わる➀主催者(経営者・幹部管理者)、➁会議の司会又は進行役(多くの場合、左記の➀とかねている場合もあるが、ここでは別に人の役割とする)、➂会議参加メンバーの三者のどの立場でも役立つ会議セミナー・研修の企画とする。


机上の研修企画で終わらず、実際に会社の職場(現場)で活用・実践できるように、現場情報やこれまでの会議の考え方や手法、経営者・幹部の意見、社員の考え方等、様々な情報収集・分析・把握を行っていきます。

この正月休みは、これまで買ってななめ読みであったり積読であった「会議本」を課題図書として、読了しました。

以下の8冊です。

1)1回の会議・打ち合わせで必ず結論を出す技術
 〔斎藤岳著、2008年、東洋経済新報社〕
2)もっとすごい! 非常識な会議 会議を楽しくする黄金のコツ26
 〔釘山健一著、2006年、ソフトバンククリエイティブ〕
3)「会議ファシリテーション」の基本がイチから身につく本
 〔釘山健一著、2008年、すばる舎〕
4)「話し合い」の新技術
 〔堀 公俊著、2005年、プレジデント社〕
5)会議が絶対うまくいく法
 〔マイケル・ドイル&ディヴィッド・ストラウス著、2003年、日本経済新聞社〕
6)会議でヒーローになれる人、 バカに見られる人
 〔吉岡英幸著、2005年、技術評論社〕
7)会議革命
 〔齊藤孝著、PHP研究所、2002年〕
8)すごい会議−短期間で会社が劇的に変わる!
 〔大橋禅太郎著、大和書房、2005年〕

後、今回の休みではななめ読みだった本9)と会議辞書のような本10)も参照しています。
9)決めない会議―たったこれだけで、創造的な場になる10の法則
 〔香取一昭、大川恒著、ビジネス社、2009年〕
10)ミーティング・マネジメント―効果的会議の効率的実践
 〔八幡紕芦史著、生産性出版、1998年〕

本の次は、この1月いっぱいで実際の経営者、幹部管理者、研修担当者10名以上へのインタビュー(ヒアリング)です。



banner_04.gif←読んだら、こちらクリックお願いします→人気ブログランキングへ


posted by じんさん at 22:19| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦め本・書評など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif←読んで面白かったらクリックしてね→人気ブログランキングへ