2015年12月20日

組織における『相談力』について考える(1)

banner_04.gif人気ブログランキングへ

皆さん、人生で初めて「相談」した時のことを覚えていますか?
そして、
初めて「相談」されたときの事を覚えていますか?

とはいえ、この「相談」ということの意味やとらえ方は人それぞれ違います。
分からないことを訊く「質問」も広い意味で相談かもしれません。勉強や仕事でこのような相談は、たくさんあるでしょう。

もっと自分にとって重要な問題(悩み、困りごと、不安、等)を一人では、どうしようもなく相談する。

具体的には、話を聞いて貰いアドバイスをもらいたい。
同じような場合でも、解決策よりも、その悩みや不安で心の中はいっぱいで、とにかく誰かに聞いて貰いたい。

さらには、自分の将来やこれから目指したいことへのアドバイスをもらうことも相談。

こちらは悩みではなく「目標」の達成・実現のためのやり方を知りたい。その前に、そもそもどんな「目標」を目指したらいいのか?の答えを知りたい。

このように、「相談」と言っても本当に様々なものがあります。


私自身の仕事「マネジメントを中心とした企業研修トレーナー」、主なテーマは、『コミュニケーション』『現実の問題解決』『組織マネジメント(組織の情報共有化、活性化)』、手法としては、【コーチング】【アクションラーニング】【ソリューションフォーカス】【真・報連相】等。

私の仕事における「相談」及び「相談力」とは、組織(企業、公的機関、病院、学校等)の管理者やメンバーが行う、職場の問題解決や個人の仕事の相談をより役立つものにするための考え方と進め方、のこと。

私が活用している研修手法の一つ「真・報連相」では、
相談を「一人で困ったら他者からアドアイスをもらうことから始まって、二人以上でより良い問題解決をする=『相乗効果(シナジー)』」と意味づけています。

そのために「相談力」のレベルをつくって、実際にその段階でステップアップするためのテキスト・教材を作成してセミナーや社内勉強会をできるようにしていきます。

単なるお勉強で終わらせないために、「相談力」社内検定(個別企業版及び一般)等の仕組みをつくり、組織をあげて「相談力」向上の取り組むためのアプローチとなります。

社内で組織的に「相談力」をアップする効用としては、

1.上司と部下が相談ができることで、新人・若手社員の定着率
  向上と早期の戦力化に成果を上げる。
2.適切な仕事の相談により、仕事での業績(営業であれば売り
  上げ目標や業績)向上が促進される。
3.職場内の相談で、相互の経験・ノウハウの共有化が進み、
  チームとして力が発揮できるようになる。
4.他部署との相互の相談ができ、連携が進み、組織全体の相
  乗効果が発揮される。
5.顧客を含めた社外の専門家や組織との相談ができて、組織
  を超えた力を活用大きな成果を創出できる。

等が考えられます。

逆に言えば、このような効果が出せるのが「相談力」向上システムです。

組織の管理者・メンバーひとり一人の「相談力」向上と組織全体としての「相談力」をあげて、「相談」により解決が進み、そのプロセスを通して相互の信頼関係ができるようになる。

人材・組織マネジメントの土台となる「相談力」向上システムの開発を進めていきますヽ(^。^)ノ



banner_04.gif←読んで関心持ったらクリックしてね→人気ブログランキングへ

posted by じんさん at 21:52| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳力開発・真報連相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
banner_04.gif←読んで面白かったらクリックしてね→人気ブログランキングへ