2019年01月01日

正月の読書「島のエアライン」、「札沼線の愛と死 新十津川町を行く」

banner_04.gif人気ブログランキングへ


明けましておめでとうございます。

平成最後のお正月を迎えました。
(というように改元があらかじめ分かるのは、初めてです)
今年の5月以降は、〇〇(新元号)の前の平成の前の昭和生まれになる私です。

元日、午前中は近所の北海道神宮に初詣、午後はここ3年間のお決まりの初ボウリング(と言っても年1回です)でした。

それはともかく、明日から始まる箱根駅伝に関する記事の紹介です。
自身も箱根を走った作家黒木亮(ロンドン在住)の『青学にできて早慶ができない箱根「常勝軍団」育成法』

箱根駅伝、チーム・団体スポーツの指導に関心のある方はぜひご覧ください。

私の正月の読書は、黒木亮「島のエアライン」毎日新聞出版(上下2巻)と西村京太郎「札沼線の愛と死 新十津川町を行く」です。

この小説の中でもテーマの一つ札沼線は、来年(2020年)5月に廃止と決まりました。

因みに、黒木亮は私の高校の同期生、新十津川町は生まれ故郷です。




banner_04.gif←読んだら、こちらクリックお願いします→人気ブログランキングへ
posted by じんさん at 00:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 今・ここ・私 から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
banner_04.gif←読んで面白かったらクリックしてね→人気ブログランキングへ