2019年12月20日

二人アクションラーニング(質問対話)をやってみた。

banner_04.gif人気ブログランキングへ


昨日、10年前からお世話になっているT社長と先月に続いてその会社の人材・組織の課題を話し合いました。

いつもは、私が質問して話を聴いて、時々コメントをする、という形でした。
今回は、こちらから提案して「二人アクションラーニング(質問対話)」をやってみました。


T社長は、私が10年前に始めた「アクションラーニング実践コース」第1回の参加メンバー。

普通は少なくても5人から7名程度で行うアクションラーニング(質問会議)を、二人でお互い原則質問から始める、相手に質問(自問他問)だけれど、自分で答えても良い(自問自答)、手順は質問会議に則て行う。を基本ルールとして、実施しました。

先日に伺った現在の課題が「社員一人一人は熱心仕事に取り組むが、自分一人で判断し、実施してしまう」「関係者や他の部署と相談ができていない」等でしたので、今回の最初のテーマは「なぜ相談ができないのか?」で始めました。

ここでは、内容詳細には触れませんが、見えてきたのは「組織としての仕事の進め方」を正しく理解していない、各人がそれぞれの経験や知識、進め方でやっている、と言うことが『本質的な問題』となりました。


振り返りでは、「これだ!」とくっきり、ハッキリまではいきませんでしたが、だいぶ整理できた感じで、具体策も4つ挙げられました。

今回はクライアントの社長へ、訪問した面談場面でしたが、アクションラーニングの目指すところの「質問対話」は二人でも十分に機能すると言うことは感じました。

「アクションラーニング」の体験者には、「二人アクションラーニング」で意味が通じますが、未体験者の経営者、幹部の方とは、敢えてアクションラーニングは使わずに、お互い質問から始めて、まずは何が問題の本質(キーポイント)か二人で明確にしましょう。それから、課題解決の目標と具体策を考えませんか。と言って行けば使えるかなと実感しました。

とここまでこのブログ記事を書いて来て、前回(大変ブログ投稿がご無沙汰で、7月依頼ですが)の「1on1とアクションラーニング」のテーマに触れる内容だったと気付きました。


機会あれば、また「二人アクションラーニング」をやってみたいと思います。




【お知らせ】
私(潟Cンタフェース代表 五十嵐仁)の著書「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキル」(セルバ出版)昨年4月に発売されました。お陰様で今年の1月末に増刷され、引き続き、全国大手書店、アマゾン他のネット書店で販売しております。

本書の内容は、「1on1」ミーティングで上司に必要とされるスキルをほとんど網羅しています。

購入(左クリックする)前に、こちら「リーダー必須の職場コミュニケーション61のスキルの読み方」をご覧の上、ぜひリーダーとしての「いい仕事」をするためのヒントを手にしていただければ嬉しいです。





banner_04.gif←読まれたら、こちらクリックお願いします→人気ブログランキングへ

posted by じんさん at 08:59| 北海道 ☔| Comment(0) | いい仕事、いい組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

「目的思考」で学びが変わる、学校の「当たり前」をやめた


banner_04.gif人気ブログランキングへ


工藤勇一「目的思考」で学校が変わる.jpg
本稿のタイトルは、千代田区立麹町中学校の工藤勇一校長の改革の記録。前者はライターが取材してまとめた本、後者は工藤校長本人の著作。

この本を知ったのはfacebookの広告かシェア投稿。
先月2月27日の苫小牧での講演会と翌日から稚内でのワークショップのJR車中の往路で2冊を読破(乗っていた時間は苫小牧往復も含めて片道で延べ8時間半。半分くらいは眠っていたけど)。

さて、なぜこの2冊を買って読もうとしたかというと、書名に惹かれたのです。
『「目的思考」で学びが変わる』、この学びにはいろいろな言葉を入れ替えることができます。『「目的思考」で会社が変わる』、『「目的思考」で職場が変わる』、『「目的思考」で仕事が変わる』等々。

もう1冊学校の「当たり前」をやめた』。これも同じく『会社の「当たり前」をやめた』、『役所の「当たり前」をやめた』、『病院の「当たり前」をやめた』等々。

内容も簡単に紹介しましょう。

『「目的思考」で学びが変わる−千代田区立麹町中学校長・工藤勇一の挑戦』多田慎介著、ウェッジ、2019年

工藤勇一校長は、従来の公立高校では考えられないような改革を次々と実行している。「社会で生きる力」を育てる手法にはビジネスの場面に通じるようなものも多い。そのため、教育業界に携わる方々はもちろん、広くビジネスパーソン全般からも、衝撃を感嘆を伴って受け止められるのでと考えていた。(はじめにより)

以下は4章からなる本書の各章のサマリー
○「目的と手段を履き違えない」手段が目的化しているものは、やめる「夏休みの宿題をやめた」「中間、期末テストをやめた」「固定担任制の廃止と全員担当制の導入」

○「子どもたちのためになっているかを第一に考える」何かを判断するときの優先基準は、一に子どものためになるかどうか、二に保護者のため、三に教員、そして学校。教育委員会の都合は最後に考えよう。

○「社会に出たら何もかも指示されることなんかない」体育祭も学校祭(麹中祭)もすべて生徒たちが企画・運営する(生徒が考えて決めて実行する)。体育祭は『生徒ファースト(自分たちのために)』、学校祭(麹中祭)は『観客の皆さんを楽しませる』がミッション。

○「完璧な親なんていない、大人も学び続ける」保護者のアクションで学校が変わる。


『学校の「当たり前」をやめた。 ― 生徒も教師も変わる! 公立名門中学校長の改革』 ―工藤勇一著、時事通信社、2018年

以下、私が、この本の本質と思う個所の紹介です。

「目的と手段を取り違えない」
「上位目標を忘れない」
「自律のための教育を大切にする」


こうしたいくつかの基本的な考え方を大切にして、多くの学校で「当たり前」とされてきたことについて、見直しを続けてきました。
・・・・・・
教師は、人材育成のプロであるはずです。そうでなければなりません。
・・・・・・
学校が変われば、社会は必ず変わります。(以上「はじめに」から)

学校が変わるために、今、何が必要なのでしょう。
それは教育の本質を取り戻すことです。・・・何ために学校があるのか、作られた制度の中で考えるのではなく、生徒、保護者、教員が最上位の目的を忘れず、ぶれずに、ゼロベースで積み上げていくことです。(最終章の終わり)


私は、特にこの最終章の終わりに記されたこの3つの文章が一番強く印象に残った部分です。

なぜなら、この「学校」を他の組織に入れ替え(例えば「会社」「役所」「病院」等)、「教育の本質」をその組織の本質として考え、「生徒、保護者、教員」をその組織の当事者に入れ替えれば、全ての組織の変革につながる言葉だからです。


この2冊の本は、学校の教員や学校教育関係者だけではなく、公的機関や非営利組織(つまり、自治体や病院)、そして民間企業などすべての組織でいい仕事をしようとする人、組織マネジメントに取り組むすべての人にお薦めしたい。


banner_04.gif←読まれたら、こちらクリックお願いします→人気ブログランキングへ



posted by じんさん at 22:30| 北海道 ☔| Comment(0) | いい仕事、いい組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_04.gif←読んで面白かったらクリックしてね→人気ブログランキングへ