2013年01月05日

黒木亮著「鉄のあけぼの」を著者の人格で読む!

banner_04.gif人気ブログランキングへ


半年ほどだった積読(つんどく)だった黒木亮の『鉄のあけぼの(上・下)』をこの年末年始で読了しました。

川崎製鉄(現JFEスチール)の初代社長西山弥太郎の生涯を書き上げた企業ドラマです。

この本を読む前に、たまたま苫米地英人著の『本当に頭がよくなる「速読脳」のつくり方』を読みました。その中でいくつか印象に残った言葉の一つが「本(小説)を著者の人格になりきって読む」です。
つまり、自分の現在持っている知識や視点でその本を理解するのではなく、その本を書いた著者の視点で、著者の知識レベルでそのまま理解するように読むということです。
このことを「著者の人格をつくる読書法」と言っています。

これは簡単なようで、結構難しいことです。
そしてそのように読むためには、以下の2つが必要と言っています。
(1)「著者になりきって読む」
(2)「最低3回は同じ本を読む」

一つめの「著者になりきって読む」は、自分の気持ちや判断は一切捨てて、著者になりきって読むということ。
二つめの「最低3回は同じ本を読む」は、1度本を読んで著者はこういうことを言いたかったのだということ(全体像と主旨)を分かってから、再読して細部や知識を読み、理解もさらに深まるということです。3回目でやっと著者の人格になりきり(近づいて)、自分が書いたかのように読むこととでその本の世界を隅から隅まで感じ取ることが可能になる。
このように苫米地さんは述べています。

今回はまだ1回めですから、この「著者の人格をつくる」までには至っていませんが、黒木亮の著書をすでに
7,8冊読んでいる私としては、著者に言いたいことを少しでも感じられたのかと思う。

表に出ることを避け、日経新聞の私の履歴書執筆も丁寧に断ったこの小説の主人公西山弥太郎の生き方とその経営姿勢をもっと世に知らしめたいと著者はおもったからこそ、この小説を執筆したのかと思う。

第1回目の書評(感想)としていは、西山本人は社訓をつくることを拒んだが、西山の経営姿勢、その精神を継承したかった直属の部下が作成した社訓に表現されていると思う。
また私自身この小説の要旨(伝えたかったこと)はここにあのではないかと感じた。

昭和38年の創立記念日に制定された川崎製鉄の社訓を同書からいかに引用する。

誠実をつらぬき、人から信頼されよう
 人間としていちばん大切なものは、誠実である。どんなことでも真心こめてすれば、まわりの人から信頼される。そして仕事も楽しくなるであろう。
現状に満足せずに、ますます努力しよう
 現状に満足していると、激しい産業界の競争に敗れることになる。より進歩向上しようという心がまえで、たえず努力することが大切である。
創意工夫をこころがけよう
 自分の仕事に熱意を持ち、より合理的な方法をめいめいがくふうし、どんな小さなことでも改善すべきことは、すぐに実行に移したい。これでこそ明日の発展が約束されるのである。
互いにしっかりと協力しよう
 みんなが心をあわせれば、より大きな力が生まれる。この力は、ひとりひとりが自分の職責を果たし、相手の立場を尊重するとともに、協力しあうことによって発揮される。
常に身体の健康に努めよう
 若さと希望を失わず自分が成長するためには、積極的に身体をきたえ健全な精神を育てたい。
産業人としての誇りをもとう
 われわれは鉄のパイオニアである、という誇りをもち、仕事を通じて社会の発展につくしたい


banner_04.gif←読んで関心持ったらクリックしてね→人気ブログランキングへ




posted by じんさん at 22:40| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦め本・書評など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

「サービス三流なんて言わせない!」出版お祝いパーティ

banner_04.gif人気ブログランキングへ

昨年、10月頃からface bookを始めて、そのせいもありブログ投稿ご無沙汰でした。
今回は最近のご縁と本の紹介です。

20120329205345.jpg
昨日(3月29日)、マナー講師佐藤あけみ先生の著書『サービス三流なんて言わせない!―新・北海道流おもてなし』の出版パーティに参加してきました。
佐藤先生の本の出版に当たって企画・制作に関った方々やご友人、数十人が集まって、大変和やかな会でした。
[写真右が、あけピョン先生こと佐藤あけみ先生]

著書『サービス三流なんて言わせない!―新・北海道流おもてなし』は、単なる接客・サービスのマナーノウハウ本ではなく、佐藤先生(著書では「あけピョン先生」)が仕事を通して学ばれたマナー、おもてなしの心とその具体的なあらわし方を、様々な職種やサービスおもてなしの場面で具体的な事例で紹介されれています。

私がこの本を読んでの感想(学んだこと、なるほどと思ったこと)3点。

(1)ディズニー、ブリティシュエアウェイズ、ヒルトンなどでの優れた接客術を、地域やその土地土地、お店などのお客様の視点にマッチしたサービスおもてなしに展開している点がなるほど!でした。

(2)マナーにもちろん基本はありますが、それを単なる型ではなく、状況や相手(お客様)によって対応できる力が求められます。そのためには、「観察力を鍛える→創造力を高める→演技力を磨く」がいうとっておきのトレーニングだということ。

(3)お店や施設では、第一線の従業員個々ののマナーのスキルやレベル以上の経営者も含めて社内コミュニケーションが取れているかどうかが大事。

E799BBE5A0B4E38286E3828BE382ADE383A3E383A9(E5A381E7B4991280EFBC89.jpg
また、この本のデザインとイラストがこれまた大変面白く、ほんの読みやすさを高めています。
楽しく思わず笑っちゃうイラストは、ヨウコングさん(ブログはこちら)。
ブックデザイン、佐藤守功さん(ブログはこちら)。

本の出版もチームワークが大切なんだなあと感じました。

 B_01.jpg
現在札幌市では、魅力都市さっぽろシティプロモート戦略として「SAPP‿RO(サッポロスマイル)」を打ち出しています。
この本を一人でも多くの方が手にされると、その実践の一歩が進むのではないかと思います。

ご紹介の本は、道内主要書店又は「北海道新聞社の本(ネット)」で購入できます。


banner_04.gif←読んで関心持ったらクリックしてね→人気ブログランキングへ
ラベル:佐藤あけみ
posted by じんさん at 11:23| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦め本・書評など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

本日購入の4冊の本

お久しぶりのブログです。

5月は8回投稿しましたが、6月は1回のみ。
確かに、おかげさまで毎週仕事(研修)で出ていましたが、
時間は創るも・・・。

と、振り返りはここまでとして、早速7月は時間を見つけて発信します。


今日は「お薦め本・書評など」のカテゴリーです。


 
とはいえ、実は今日買ったばかりの本と著者の紹介です。
内容紹介は、月内に(全部できるかな?)。

一冊目の著者は清宮普美代さん、NPO日本アクションラーニング協会の代表で日本で唯一の
マスターアクションラーニングコーチ。

20代の若手社員向けの「質問力」の本です。

「質問力」といえば、コーチング手法やコーチの方の本が多いですが、清宮さんの質問力は
アクションラーンニング『質問会議』がベース。

では、コーチングの本と何が違うか。
読む前でも多少推測はできるが、読んでからとします。

後ほど、またブログへお越し下さい(今月中に)。



 
二冊目は、プロコーチの加藤雅則さんの本。

加藤さんは、私が2002年からCTIのコーチングを学んだ時のリーダーの一人でした。

CTIジャパン創設者で最初の代表榎本さんを中心とした創設期のスタッフです。

書名は『自分を立て直すための対話』

今の本のテーマは、“理不尽な問題”に直面した時に「自分を立て直すための対話」によって
「問題をほぐす」というアプローチについて、ということです。
(まだ、まえがきを読んだだけです)

どんな対話について語られているのか、楽しみにしております。

読後感想は、最初の本の次なので、何とか7月中には投稿できると思います。



3冊目は、さとう秀徳さんの著書『1枚のシートでササッとアイデアが出る技術!』

さとうさんは、アイデア発想や企画開発のセミナー講師、コンサルタント。
株式会社創造システム研究所代表取締役社長。

出会ったのは、東京にいた時なので、もう17年以上も前。
大学の先輩でもある(合気道部のOB)。

メールマガジン「軽快にアイデアを生み出す【快想BOX】」は今週で480号。
まもなく、10年目になる。

毎週アイデア発想のヒントをいただいている。
軽快にアイデアを生み出す【快想BOX】
メルマガ申込は、こちらへ


最後は、播磨早苗著の『プロのコーチングスキル』。

播磨さんは著書を通してしか知りませんが、これまでの読んだ著者の本は単なるコーチングスキル
を羅列しているだけではなく、ご自身の豊富な体験に裏付けられた実践知識とスキルが、非常に
役立つと感じます。

播磨さんの著書は分かりやすいので、お客様への推薦図書にしました。







banner_04.gif←読んで関心持ったらクリックしてね→人気ブログランキングへ


posted by じんさん at 22:23| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦め本・書評など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月28日

講演を最大の営業にする本『坪田まり子の 士業のためのセミナー講師養成講座』


 
標題の本は、弁護士、会計士、税理士、社労士他の専門家の先生がご自身の専門分野で、講演で営業(聴講者が仕事を頼みたくなる講演)ができる考え方とその方法を伝授する唯一の書だ。

有資格者の専門家(士業)だけではなく、様々なジャンルの専門家、実務家が「あの先生(講師)、話している中身はいいんだけどねぇ。」から抜け出し、「是非この先生に相談しよう!」と思ってもらえるための紙上講座だ。

実際に著者坪田まり子さん自身、独立して最初の2週間の挨拶回り以降、営業をしていないで紹介だけで年間10ヶ月は、講師業でフル稼働となっている。

しかし、この本は、講師テクニックやスキルがたくさん書いてあるが、ただそれだけを扱う指導書ではない。
独立したのが『未来ある人を応援したい』という思いから。
そして自称『幸せ配達人』の坪田まり子さんならではの、ご自身の実践を通した学び、実績そして誠意のこめられた書だ。

「先生は何のために話をなさいますか?」

専門家の先生方対象の講師養成講座で坪田さんが最初にする質問。

この質問に対する答えは、先ず、あなた自身で考え、次に本書を手にとって(もちろん購入して)つかんでもらいたい。

そしてこの本は、1回読むだけではなく、実習(印象づくり、笑顔・表情、発声、話の組立て原稿のづくりなど)を繰り返して、活用する学習実践書だ。
まさに紙上講座といえる内容。


著者坪田まり子さんは、教師志望であったのが、全然違う仕事で社会に出て、22歳で大きな挫折を味わう。その後二番目になりたかった仕事である秘書を13年され、38歳の時にチャンスがあり講師として独立され、今は東京学芸大学の特任准教授(キャリア支援)も務める。
〔本書あとがきより〕

独立前に1度、直後に1度お会いしたことのある私には、本書を開くと坪田まり子先生の声が聞こえてくる。

お会いしたことがない方でも、ご自身の仕事を通して人に役立ちたいという誠意があり、「講演」「講師」又は人前で話すことを通して、人によい影響を与えたいと心底思っている人には、必ず伝わってくる書だ。

そして、坪田まり子先生に会いたくなると思う。
なぜなら「本書百読も先生一見に如かず」だから。

とは言え、今すぐには会えない私も「実習を実践しながら、本書百読」を目指したい。
私自身、講演で営業というレベルに自分を磨き、そしてもっと人に役立ちたいと思うから。


ご参照「坪田まり子のホームページ」


banner_04.gif←読んで関心持ったらクリックしてね→人気ブログランキングへ

posted by じんさん at 22:45| 北海道 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦め本・書評など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

採用を変える、組織が変わる


今週から書店の店頭に「採用を変える、組織が変わる」(出版社:エイチエス株式会社)という赤紫色のカバー(腰巻)の本が並んでいる。

札幌で人材紹介会社を経営しているリージョンズ株式会社の社長、高岡幸生さんの著書。

リーブルなにわ(大通西4丁目、日の出ビル)と、ら・がぁーる新札幌Duo店で
どちらもビジネス書棚で平積みになっていたので、どこの書店でもあるでしょう。

アマゾンでも買えます(こちらへ⇒「採用を変える、組織が変わる」

早速買って読みました。

一言で言うと「採用面接を入り口からではなく、出口から経営戦略として考えた実践の書」です。
通常は、人材採用では(面接等を中心に)、目の前の人を見て採るかどうかを(入り口で)考えます。

この本では、その人が入ってから、辞めるまで(定年退職でも、途中でも)において、本人そして会社、採用する人(経営者、人事担当者、管理者)自身がすべて良しとなることに役立ちます。つまり、出口までを予想し、出口と言う視点から、その人を採るかどうかを考えるということです。
私は、本書を読んでそう感じました。

そのために、本書で云っていることの一つは、目の前の人物の勝ちグセ、これまでの経験による行動パターンを知る面接をすることです。
そして、それよりも前に自社が今必要な人材は、どんな状況で何ができる人なのかを具体的にすることです。
そのために何をするべきかを本書では教えてくれます。

採用面接のハウツーやテクニックではなく、経営戦略として、組織を変え、事業を伸ばす最大の資源としての人材採用と採用面接を考え、実践してきた経験に基づいたキーポイントがちりばめられています。

ビジョンを早く実現したい経営者・起業家、組織の目標を達成した幹部、正社員・パート社員問わず自ら採用する拠点長(営業所長・店長)、そしてもちろん成果を上げたい人事採用担当者に一読(そして繰りかえし10回以上は読むこと)をお勧めいたします。


また、3月10日(水)夜に、著書と同じテーマで高岡さんに、異業種交流会ABネット例会で講演していただきます。

ご都合よろしい方、ご関心のある方は是非ご参加下さい。

(ご案内は、こちら


banner_04.gif←読んで関心持ったらクリックしてね→人気ブログランキングへ
posted by じんさん at 10:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お薦め本・書評など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_04.gif←読んで面白かったらクリックしてね→人気ブログランキングへ