2016年01月06日

相談についての相談(談義)備忘録

banner_04.gif人気ブログランキングへ

今日は、取引先(テストや教材の仕入れ先)のD社のM氏、総代理店のI社長が東京、福岡から来札され、新商品の説明を受けた。

その内容は、仕事のブログで別途ご報告するとして、その後ススキノの北海道居酒屋での懇親会での「相談力」についての相談(談義)について備忘録的に書いておく。

現段階での相談力については、「インタフェース人材・組織開発ブログ(2016年1月6日)」にその一部を記載した。

飲み会(懇親会)での後半での相談についての談義では、

「相談力」というと、相談される方(多くの場合組織では、上司や先輩)に相談にのる力、相談で解決へ導く方の力とイメージされるが、そもそも上司が部下に相談すすることも大事だ!

そのためには上司の度量(人間力)が必要で、部下の話を聞けるかどうかもある。
また、相談力よりも前に、そもそも相談される上司(部下から見れば相談しやすい上司)であるかどうかも大切だ。

相談しやすい上司には、ゆとりが必要だ!
相談する場、機会、そして相談できる関係も大事。
「温泉♨につかりながらの相談」もいいかもしれない。

右翼も左翼も、言ってることは一部を入れ替えると一緒(少し話が飛んだ)。対立関係もで議論ではなく、相談すれば、意外と分かり合えるはず。

新人や若手社員にとっては、「相談」に乗ってもらえる力が必要。
「相談したい事があるのですが、お時間ありますか…」と上司、先輩に遠慮なく言えるかどうか。

等等の話が飛び交った。

最後には、相談にはいろんな種類はあるということで、

T嬢は相談は二人でやることが多いので「双談」。
I社長は、問題解決ではなく、想いを伝えることもあるので「想談」。
M氏は、たくさんの考えを合わせて「総談」。
私は、新たな解決を創るので「創談」。

最後には、たくさんの人でにぎやかに「騒談」。
言い争いもあるので「争談」もありかも…。

相談談義は結構盛り上がったが、まとまることも、結論も出ることなく終わった(^o^)/


banner_04.gif←読んで関心持ったらクリックしてね→人気ブログランキングへ
posted by じんさん at 22:54| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳力開発・真報連相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

30歳頃に考えていたことを思い出してきた。

banner_04.gif人気ブログランキングへ

【最初に記した日付は、平成25年1月6日】
今日facebookフレンドの一人Fさんが始めた新しいブログに衝撃を受けた。(こちら⇒ http://teian2014.blogspot.jp/ )
というか、自分の30代初めの頃に思っていたこと(少しは思い続けていたが)を思い起こした。

30歳の時、最初の会社(当時社員数3,000名の会社)を辞めて、最大で5名しかいない会社に入った。

その会社の社長の教えに惹かれたことと将来独立するために、29歳の時に受講した講座でのビジョンと実現するためであった。

そこでは、主に中小企業、ベンチャー企業の研修やコンサルティングを展開していた。
最初の会社と違ったのは、会社が小さいので、社内で飲む人がいない。
必然的に外飯(社外や友人、また当時復活していた合気道の社会人クラブの仲間等)、交流が増えた。

またその社長自身が、社外での異業種交流会や勉強会が好きだった。

私も入社後新しい勉強会の事務局を担当したり、最初の会社のOB・OG(大半が定年を待たず、転職したり、独立したりしていた)を集めて、情報交換・交流会を始めた。

最初の会社を辞めたメンバーの会、MR会(元リクルートの会)をつくったキッカケは、こうだ。

私自身が受けた、2つ目の会社主催の講座の営業対象として、元の会社の辞めた先輩、同僚、後輩を訪ねていた。前向きな人が多いので、自己の人生戦略(ビジョン)やその実現セミナーには関心があるかと思ったのと、少しのコネでも参加可能性があるかと思ったからだ。

最初は、辞めた時の一つ前の部署の上司と勝手の部署の同僚・後輩と入社同期4,5名に声をかけ、さらにその知り合いを誘い合って集まり、十数名で最初の準備会合を行った。

今回は、その話がメインではないので、以下に現在のMR会のサイトを記載しておく。
元リクルートメンバーで関心のある方はこちらへ
⇒ http://www.mr-kai.com/2004/

さて、話を戻して、当時関心を持ったテーマ・取り組んだことは以下の通り。

1.戦略行動学(2つ目の会社のメインプログラム。
  城野宏氏の「脳力開発」がベース)の習得
2.直接民主主義(代議制の問題打破) 武田文彦氏
  (「直接民主主義の著作」、リンカーンクラブ主宰)と出会う
3.視野・視点の拡大(当時の個人名刺は、「地球人・日本人・
 北海道人 五十嵐 仁」だった)
4.人的交流・ネットワークによる世界の拡大
  (その後「知恵の輪」と出会う
5.合気道の修行(約8年前入院手術後、稽古休止中)


【ここから平成27年1月5日記載】
最初のFさんのブログと言うのは、『日本と新しい世界の仕組みの提案』と言うタイトル。
そして同じタイトルのfacebookグループも作成された。

その中のテーマ「政治」について、上記の5つのテーマの【2.直接民主主義】を思い起こしたのだった。

ところで、この最初の文書で書いたFさんは、今は学校教育のプロ教師の育成、キャリア教育やアクティブラーニングなど、現場の教育改革に取り組んでいる。
このテーマも私自身の関心の高いテーマである。

現在の活動は以下のブログ
http://blog.goo.ne.jp/fin-kyoiku

また、学校教員の方は、どんぐり教育セミナー

https://www.youtube.com/watch?v=o8MGMoplJOA&list=PLbJxERn1Wp6b1XYofW0mzDVwDTYxVzkwz

を是非ご覧ください。

Fさんと直接お会いしたのは一度だけだが、私のモデルの一人である。


banner_04.gif←読んで関心持ったらクリックしてね→人気ブログランキングへ

posted by じんさん at 22:35| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ご縁(師と友) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

「一日一計」「一日一年」「一日一生」(^.^)/~~~

banner_04.gif人気ブログランキングへ

今日は今年(2016年)の仕事始め、例年以上にかなり「意識が高い」。
具体的に何をしたかと言うと、今年の言葉を決めたからです。

昨年の秋くらいからfacebook友達になったNさん、いつもポジティブで、アクティブな視点でコメントを送ってくれます。

そのNさんの投稿の中で、一年の計は元旦にあり、だけではなく、一日一日の計が必要と言う言葉が印象に残った。

Nさんのメッセージ『…そして1日の計は早朝にあり、1日を有意義にしたければ早朝から1日の計を立てるべし。その積み重ねが1年の計を達成していくにつながっていく。』

まさにそうだ!
ということで「一日一計」を毎日つぶやくことにした。

実は、年末年始にこのブログの活用等でふり返りをしていて、やはり一日一日が大事だと思い、「一日一年」
(一日が一年だと思って、物事をなす。つまり一年の計画でなせるように、一日でも計画を明確にして、出来ることをなす)と言う言葉が浮かんでいた。

さらには、30歳前後で受けた講座では、「一日一生」(一日が一生のつもりで、大事に生きる)と言う言葉を教わっていた。

しかし、ふり返ると、それが実践できていたかと言うと、かなり無駄とか無意識でしたいことをしていた一日も、まだまだ多かった。

もちろん、無駄とまでは言わないが、今しなくてもいいことをしてしまったり(横道にそれたり)、やめる・捨てることができなくて、あまり役立たないことをしたりしていたことは間違いない。

ということで、「一日一計」「一日一年」「一日一生」を、毎朝起きたらつぶやいて、意図的・意識的な一日(一生)を送ることをしていきたい。

お陰様で、このブログも今日まで4日間続いたので、3日坊主は卒業できた。



banner_04.gif←読んでいただけたら、クリックお願いします→人気ブログランキングへ

posted by じんさん at 17:06| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 異業種交流会(ABネット)・その他ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月03日

私のモデルの一人〜決断力と実行力、そして継続力を見習いたい!

banner_04.gif人気ブログランキングへ

正月3日目、休みも今日まで。
昨日のブログで、今年のブログ活用の目標を設定した。

ブログ活用でモデルにしている人の一人に、株式会社Kaeマネジメントの駒形社長がいる。
薬局経営を中心に医療、介護の経営コンサルタントである。

ブログ『医療・介護を支える継続企業の知恵袋』に1年365日、毎日記事をアップしている。
「くすり・薬学ブログ ランキング」(130人)でほぼ1位をキープしている。

記事内容も単に医療、薬局業界の情報提供をするだけではなく、ご自身の経験を交え、毎回ネタもおもしろい。話も上手いので、口八丁手八丁と言える。が、表面だけではなく、考え方も深い。

12年位前、まだ私の会社が5期目の時にお世話になったクライアント先の調剤薬局の社長だった。
薬剤師で中小企業診断士、もともと医薬品卸の会社で病院関係の経営コンサルタントをしていた。

それはさておき、今回モデルとするのは駒形さんのブログの活用法。
(一つ目)まず、なんといっても毎日の記事アップ。
これはインプット〜日々の情報収集、体験情報、そして整理と書く力が必要。

二つ目は、毎日のタイトル(ネタ)構成。以下は駒形さんのブログ(1か月ほどを拝見して整理)
○本業の医療、薬局、介護業界の動向(厚生労働省の施策、、薬剤師会の発表、等)
○社会ネタ(杭打ち偽装調査、ブラック企業、等)
○自社の理念や事業の方針、事業活動
○関連業界の企業情報、ニュースや広告等
○小売業界のネタ(本人は小売、マーケティング関係もかなり専門)、等々

⇒これを私に当てはめると
●企業研修や人材育成や人事関連の情報
●様々な企業の人事・組織マネジメントの事例
●自分の専門や自社の活動テーマ
●研修の現場での体験情報、等々

三つ目、タイトルがシンプルで面白い。
これは、まだ十分に参考にできていない。

私の二つのブログのランキング(1月3日現在)
『今から、ここから、私から』マーケティング・経営カテゴリー(284人)の108位
⇒3か月で、10位以内へ

何と、1月7日(4日後)に43位までランクアップしました。

『インタフェース 人材・組織開発ブログ』マネジメントカテゴリー(276人)の9位
⇒3か月で常に5位以内へ

何と、1月7日(4日後)にこちらの方は既に5位迄に上がりました(^o^)/

駒形さんをモデルにして、実践し、毎日ランキングチェック&アップしていきます。


banner_04.gif←読んで関心持ったらクリックしてね→人気ブログランキングへ

posted by じんさん at 17:03| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ご縁(師と友) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

昨年のふり返りと今年の目標(ブログについて)

banner_04.gif人気ブログランキングへ

昨年の1月4日のブログ「自分自身のマネジメントコーチング:リソースの活用その1」では、一昨年のブログ投稿の状況をふり返り、2011年からfacebookを始め、ブログへの投稿が減り、本来活用すべき情報発信リソースのブログ活用が不十分であることを反省した。

その上で、以下の目標を設定した。

『ブログ・fb・メルマガを連動させて情報発信に活用する事で、指標として
➀ブログは年内にカテゴリーの10位にランクイン
➁会社fbページの300「いいね!」達成
➂メルマガ配布先は500名達成
上記の3項目の達成で、メール問い合わせが年間で月に1回・10件以上きて、
実際の仕事に5件以上結びつく成果を上げる。』

実際は昨年も、それほど前進していないのだが、ふり返りをしてことしは大きく進めたい。
先ずは、上記目標の結果(Check)

➀『今から、ここから、私から』マーケティング・経営カテゴリー(284人)の108位(年9回ではしようがない)
 『インタフェース 人材・組織開発ブログ』マネジメントカテゴリー(276人)の22位
➁会社のfbページ現在、180「いいね!」
➂メルマガ配布先は、317名
問合せは、2件で1件は仕事成立!

今年の具体的な行動(Action)は、昨年1月4日記載した内容を見直して、以下の通り

➀ブログは当初1週間に2回以上(4月には内に3日に1回、7月にほぼ毎日)投稿する。

➁会社fbは、道内の友人で仕事のパートナーやクライアント先すべてへ紹介する。
 ⇒これは、ほぼ完了しているので、さらにfbで道内の友人、パートナー、クライアント先の担当者を50名以上増やす。その上で紹介する。

➂メルマガは1か月に2回として、4月からは2週間に1回の発行をする。
 ⇒昨年10月からは、ほぼ1か月に2回で進んでいる。
 ⇒年間のメルマガ発行計画(発行日と主な内容項目)を作成する。

最後に毎月1回(月末に)、ふり返りをして、必ず次の一手(Action)を決めて実践する。


banner_04.gif←読んで関心持ったらクリックしてね→人気ブログランキングへ
posted by じんさん at 13:52| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 今・ここ・私 から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

組織における『相談力』について考える(2)〜私自身の「相談」体験➀

banner_04.gif人気ブログランキングへ

平成28年(2016年)となりました。
今年最初のブログは、昨年からの「組織における『相談力』について考える」のテーマ2回目。

今回は、私自身の仕事としての「相談」についての経験をふり返ることとする。

前回述べたように、私自身の仕事は「マネジメントを中心とした企業研修トレーナー」で、独立して会社を設立してから17年。この4月から18年目に入る。

会社を始めた頃は、いろいろなご縁で、研修トレーナー以外のできる仕事は何でもトライしました。
その一つが「キャリアカウンセラー」(後には、キャリアコンサルタント)だった。

東京時代の知人の社会保険労務士からの紹介で、まだマンションの一室の事務所に、アウトプレースメントのコンサルティング会社の社長が訪ねてきた。
「就職支援相談のできる人は知らないか」、というのが用件だった。私自身はその経験がなかったので、すぐに心当たりもなかった。

「所で、あなたは何をしているの?」と訊かれて、社員研修トレーナーだと話すと、「それじゃ、きっとできるよ」ということになり、東京へキャリアカウンセリングの研修のオブザーブへ行き、その3か月後には「キャリアカウンセラー」を始めていた。

当時、会社都合のリストラで、辞める際に退職金の増額だけではなく「アウトプレースメント」や「就職支援サービス」のコンサルティングが増えていた。

その社長の会社が請け負った仕事で、生命保険会社、建機製造販売会社、アパレル関係の会社等4、5社の会社都合での退職者(本人了解)の就職支援を延べ10数名担当した。

その後、その会社ご縁で、資格取得の学校〔株式会社)で「キャリアコンサルタント養成講座」の講師を務め、さらに大学生の就職相談等も担当することになった。

その他、札幌市の業務委託の就職支援相談で、名前だけしか事前情報がなく、1時間就職に関する相談を受けりと言う仕事もあった。

一番印象に残っている相談は、工学系大学4年生の相談、時期は8月。ほとんどの学生が内定をもらっていた。

〔私〕「どのような相談ですか?」
〔学生〕「実は今の学科に入ったのが間違いであったかと思っていて、大学(学部)を入り直そうかと思っています。どうしたらいででしょうか」

というものでした。

これまで、たいして、就職活動も熱を入れてしていなかったようでした。

〔私〕「そうですか」(と言いながら、内心は何だ就職相談ではなく、進路相談か?とかなり動揺していた)
〔私〕「卒業することは可能なのですか?」
〔学生〕「単位はまだ残していますが、とることは可能です。・・・」

この時は、彼に、今後考えられる選択肢を質問して、考えてもらった。確か、4つくらい上がった。

1)大学をやめて入り直す(最初の相談で言ってきたまま)
2)残された単位を取得してまずは、卒業する(就職浪人、フリーターでもいい)
3)今から就職活動に本腰を入れ、何としてでも就職を決める(当然、卒業を目指す)
4)あえて留年して、来年に再度就職活動を行う

さらに、上記の1)2)3)4)について、自分で考えてから、親に相談する

その4つを横に並べて、それぞれのメリットデメリットも本人に質問して考えてもらった。
だんだん、真剣になってきた感じがあった。

この1時間の相談では、結論が出なかったが、本人としては、今後どうすればいいかの選択肢を明確にして、さらに選択するための根拠・理由も考えることができた。

彼自身の最後の言葉が今でも記憶に残っている。
「物事ってこういうようにして考えるものなのですね。初めて知りました」

残念ながら、この就職相談も週に1回で希望者があればということで、その彼との相談は、これ1回きりで終わった。

この経験は、相談を受ける人(キャリアカウンセラー)が結論を出すのではなく、相談者(相談をしてきた人)が自ら考えて、本人自身が納得する答えを見出すこと。

この経験は、その後キャリアカウンセラーと並行して学んだ「コーチング」に結びついて行った。


banner_04.gif←読んで関心持ったらクリックしてね→人気ブログランキングへ
posted by じんさん at 22:18| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 脳力開発・真報連相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
banner_04.gif←読んで面白かったらクリックしてね→人気ブログランキングへ